界面活性剤と若返りの関係性

界面活性剤と若返りの関係性

界面活性剤とは、本来なら混ざらないものを混ぜ合わせることができる成分のことです。わかりやすい例では、水と油を一緒に混ぜてしばらく時間が経つと2つに分かれてしまいます。

 

しかし、界面活性剤を配合するとうまく混ぜ合わせることができるのです。この仕組を利用して洗剤や化粧品が作られています。

 

界面活性剤は大昔から活用されており、自然界にも存在しており、その恩恵を受けていることを忘れてはいけません。

 

注意しなくてはいけないのが、人工的に合成されて作られた界面活性剤です。

 

合成界面活性剤に注意!
石油などから合成して作られた界面活性剤が開発されたことで、簡単に安く活用することができるようになりました。

 

しかし、人体に与える影響が強く、最近は肌荒れや何らかの病気になる危険性も指摘されています。

 

(過去には台所の排水に合成界面活性剤が大量に使われた洗剤がふくまれ、河川の汚染による生態系への悪影響や健康被害がが問題となったこともありました。)

 

「界面活性剤が体に良くない」のではなく、「合成界面活性剤が体に良くない」といえるでしょう。化粧品に合成界面活性剤が使用されていると、必要以上に早く老化を招く恐れがあるのです。

 

そこで私たちが気をつけなくてはいけないのが、日常的に使用している化粧品などに合成界面活性剤が使用されているか否かということを確認することです。

 

最近は合成界面活性剤不使用とアピールしている商品が増えたことから選択しやすくなりました。安心して使用できる成分が含まれている化粧品を使うことが若返り対策に大切なことです。 

若返りに関係する老化行動とは

一刻も早く若返りしたい!と願っている方は何らかの対策を行なっているかと思いますが、自分では気が付かないうちに老化に繋がる行動をとっている可能性があるので注意が必要です。

 

若返りには絶対NGの老化行動について改めて確認してみましょう。

 

まずはメイクをした後のお手入れです。
少しでも年齢肌を隠そうと思い、日中はバッチリメイクをしている方も多いと思います。特に毛穴を目立たなくさせようとしてファンデーションを厚塗りしている方は注意しましょう。

 

メイク汚れをしっかり落とさないままでいると肌の酸化を招き、シワやシミ、黒ずみといった年齢肌特有の悩みが生じてしまいます。

 

洗顔後のお手入れは保湿

きちんとクレンジングを使用してメイクを落とすことは必要ですが、ゴシゴシとこすったり刺激の強すぎるものを選ばないようにしましょう。

 

洗いあがりの状態がカサついていれば、洗浄力が強すぎるので使用をやめて低刺激のものに変えましょう。

 

洗顔後のお手入れもきちんと栄養を補給できるものを選ぶことが大切です。肌の表面だけを潤わせてもすぐに蒸発するだけなので意味がありません。肌の奥にまでしっかりと浸透させるものを選びましょう。

 

浸透するビーグレンの毛穴ケアで若返り

 

生活習慣にも注意!
このような日常的なお手入れに手を抜かないことも大切ですが、毎日の生活習慣にも気をつけましょう。

 

夜の10時から夜中の2時の間はお肌が若返るための再生するゴールデンタイム!しっかり睡眠をとることも大切です。とはいえ、夜10時と言うのは、忙しい現代人にはむずかしいかもしれません。

 

少なくとも12時を目指してみましょう。

 

栄養バランスのとれた食事や適度な運動などの規則正しい生活を続けることも大切なことです。新鮮な野菜や果物で抗酸化物質を積極的に摂ることもお勧めです。

 

乱れた生活は確実に老化を加速しますので日常の生活習慣を改めて見直してみるとよいかもしれません。

界面活性剤と若返りの関係性関連ページ

若返りを意識したクレンジング
若返りを意識するとしないでは、クレンジング一つとっても効果が違ってきます。誤ったクレンジングを続けているとどんどん肌の老化が進んでしまうという現実を知らない方が非常に多いです。正しいクレンジングを実践することで肌の若返りを目指しましょう。